be my self STAFF Vol.2

2020.09.08

K WEBLOG

be my selfのマッサージオイルはホホバオイルを使用しており、全身のマッサージにお使いいただけます!
オイルマッサージのタイミングはお風呂上がりの肌の血行が良くなっているタイミングがおすすめです。
オイルで保湿をしながらマッサージすることでより効果的となります。
そこで、マッサージオイルを使った簡単なマッサージの方法をご紹介します!

マッサージオイルを使う量

 

最初に出す量はだいたい500円玉くらいの大きさの量が目安です。
出しすぎてしまうとべたついてしまう可能性もあるので足りない場合は少量ずつ足してください。


  1. ■腕のマッサージ

    片方の手のひらを上に向け、親指で小さく円を描くようにして手のひら全体をマッサージします。
    続いて、親指を押しながら圧力を加えて下さい。
    手首からひじに向かって、片手で包み込むようにマッサージしてください。
    ひじ上から肩にかけて上へ上へとマッサージします。
    リンパの集まるひじ、内側部分はやさしく円を描くように、わきの下の部分は手のひらで密着させてなでるようにマッサージしてくださいね!
  2. ■脚のマッサージ

    足裏と甲を全体的に押します。
    指の関節を押しあてながら両足首の裏からひざ裏まで滑らせ、 ふくらはぎを持ち軽くねじります。
    太ももも同様です!
    最後に脚の付け根を軽く揉みほぐします。


    足のマッサージを行うことで
    冷えにくくなったり、むくみが取れやすくなります。
  3. ■頭皮のマッサージ

    全身をマッサージした後、手についた残りのオイルを活用し、指の腹を使って頭皮全体になじませます。
    頭皮をグッと上にあげるように力を入れてプッシュしていくと頭がスッキリしてきます。

  4. ■お腹のマッサージ

    おなかのマッサージはデリケートなのでソフトタッチが基本です。 
    ストレスや消化器系の不調の緩和が期待できます。
    手のひらを密着させて、時計回りにゆっくりと円を描きながらマッサージしてください。
    次に、時計回りに指3本で小さな螺旋(らせん)を描きながらマッサージしてください。

オイルマッサージ後は…洗い流す必要なし!

マッサージオイルも美容オイルの仲間なので、マッサージ後は基本的につけたままの状態でOKです!
でも少しべたつきか気になる方は、タオルで少し拭き取ってあげるのがおすすめです。

濡れたタオルだと、せっかく保湿をしたのにまた乾燥してしまうので、できれば乾いているタオルで擦らず優しくふき取ってくださいね!

1日数分でいいので自分の体のメンテナンス時間を作り、明日に備えて身体をしっかり休ませてあげましょう。
体調に合わせてお控えください。
強い力でほぐすと痛める場合もありますので優しく丁寧にマッサージしてくださいね♪
潤いを与えながらお肌の健康も整えてくれる植物成分100パーセントのマッサージオイルで内側からキレイに♡
幅広くお使いいただけるので、これからの乾燥しやすい季節にマストアイテムです!

一覧へ戻る