JULIAN FUKUE Vol.1

2020.08.07

K WEBLOG

この料理の主役はレモンペッパーとウスターソース。 アメリカのウスターソースはWorchester Sauceと書き、名前は日本と一緒だが、味と粘度は似ても似つかない全く別物!独特なアメリカン料理の隠し味とも言えます。
レモンペッパーは乾燥させたレモンの皮と黒胡椒をブレンドさせたもの。アメリカでは手羽先など、鶏料理では定番の薬味です。 ひとつの鍋で空焼きと蒸し煮をすることによって、鶏の旨味を最大限に閉じ込めることができます。

■レシピ材料

鶏肉

バター大さじ1/2
鶏肉400g
レモンペッパー小さじ1

ソース

バター大さじ1
ニンニク2片
生クリーム75ml
チキンスープ50ml
ウスターソース小さじ1
レモン1つ
粒マスタード小さじ1/2
塩・胡椒少々
パセリ少々
  1. ■作り方①

    レシピに加え、蒸し焼きの際に好きな野菜を陶製スノコに乗せるだけで付け合わせも簡単に作れます。
    作る工程は材料を鍋に入れるだけ。
    包丁、器具もあまり使わない簡単なもので誰でも作れます。
  2. ■作り方②

    鶏肉を人数分に取り分け、レモンペッパーを表面に揉み込む。
    鍋をあらかじめ強火で温めておき、バターを溶かす。
    鶏肉の表面に焦げ目をつける。(2〜3分)
    両面を焼き終えたら、いったん鍋からさらに移しておく。
    ここでのポイントは、完全に火を通す必要はありません。
  3. ■作り方③

    鍋の肉汁はそのまま使用します。更にバターを入れ中火で溶かします。
    残りの材料を混ぜ込みます。
    ニンニクは細かく刻んだもの、無ければチューブのもので大丈夫です。
    チキンスープは、アメリカでは紙パックで販売していますが、日本のコンソメ、鶏ガラの素などを水で溶かして作ったものでも大丈夫です。
    レモンは、丸ごと表面の皮を摩り下ろしてから、残りで果汁を絞ります。(盛り付け用のカットレモン分を残します。)
    味は変わってしまいますが、ウスターソースは日本で一般的な中濃ソースで代用可能です。お好みで塩、コショウを調整してください。
  4. ■作り方④

    ソースが完成したら、鶏肉を戻し入れ、ソースと絡めます。
    弱火に下げて、20分ほど蓋をして蒸し煮します。

お好みの野菜で、スライスレモンを添え、パセリをのせて完成です。
鍋に残ったソースも全てかけてください。野菜のアレンジを変え、パスタなどと合わせても美味しいです!

福栄ジュリアン

丼と寿司をメインとした新感覚レストランPokiNometryのCEO。
アメリカ、カリフォルニア州で寿司屋を営む家族、その手伝いから始めた料理。18歳から板前として店に立ち、23歳で自分の店舗を起業。忙しい店の影響で、早くて簡単で美味しいをテーマにした料理を日々探し回っています。

Instagram:@PokiNometry

一覧へ戻る